iPhone修理 鹿児島

Appleのタブレット専用OS「iPad OS」3 iPhone修理 鹿児島なら鹿児島駅近のスマホスピタル鹿児島にお任せ!

  • お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 鹿児島
  • オンライン予約はコチラ。iPhone修理 鹿児島

iPhoneお役立ち情報

Appleのタブレット専用OS「iPad OS」3

[2019.06.30] スマホスピタル鹿児島

前回ブログ、”Appleのタブレット専用OS「iPad OS」2″の続きです。

マウス操作への対応や、ウェブブラウザSafariがMacと同様のWebアプリを扱えるようになったり、Adobeやモリサワなどのフォントを追加して活用出来るようになるなど、仕事で普段使うコンピュータが当たり前のように出来ていたことで、iOSで実現していない機能を次々に実現しているのが、iPadOSです。
しかし、ユーザーからの要望はまだまだ消化出来ていません。
日本のユーザーからすれば日本語入力の安定性と精度の問題はすぐにでも対応してほしいところです。

これまで、アップデートについてもiPhoneとiPad、そしてiPod touchは、iOSとして一括りにされてきました。
そのため、最新バージョンのOSは、これら3つの端末に対して同時に提供されてきましたが、iOSと切り離されたことで、今後はその必然性もなくなります。
基調講演では言及がありませんでしたが、マルチウィンドウやApple Pencilに関する新機能の追加やバグフィックスがiOS以上にタイムリーになれば、iPadの使い勝手を更にブラッシュアップさせやすくなります。
同様に、iOS側もiPhoneやiPod touchだけが対象になったことで、開発のスピードを上げることが出来そうです。

アップルの社員に話を聞いてみると、ここ最近は仕事時間の6割以上をiPadで過ごすようになったと、iPadが仕事の道具として十分なポテンシャルを発揮するようになったそうです。
もちろんアプリやクラウドサービスの活用も背景にありますが、今までメディア消費とクリエイティブ中心だったiPadがより汎用的なコンピュータへと大きく前進するきっかけをiPadOSが果たしているそうです。
アップルとして、iPadとMacのどちらか一方を勧めることはないとしていますが、iPadの守備範囲の拡大は、Macをより尖ったコンピュータへと成長させる環境を作ることにも繋がります。

iPadは2019年第2四半期に48億7200万ドルを売上げ、前年同期比21.6%増です。
15%を超える大幅な下落に見舞われているiPhoneをよそに、iPadは成長のペースを取り戻すばかりか、2期連続で大幅な伸びを記録しています。
iPadOSは2019年秋にリリース予定になっていて、iPad躍進のペースを作れるか注目です。

2010年代の初代iPad発売以来、Appleはタブレット市場で優位に立っています。
当初はiPhone OS 3.2が搭載されていた第1世代の9.7インチiPadは、アーキテクチャ面では大型のiPhoneのようなものでした。
Appleはその後のモデルでiPhoneとの差別化を図り、Apple Pencilなどの入力方式をサポートしたり、様々な画面サイズのモデル(7.9インチのiPad mini、10.5インチ、11インチ、12.9インチのiPad Proなど)を投入しています。

iPadOSは、iPadの基盤となる次期ソフトウェアです。
実質的にはiOSの名称変更ですが、新機能もいくつか追加されます。
iPadOSでは、iPadが機能面でエントリーレベルのMacbookと同等の水準に近づき、これまで以上にノートブックの代替機として使えるようになります。
コピー、ペースト、取り消しの操作を3本ジェスチャーで実行出来るようになりました。
3本指でピンチするとコピー、3本指で広げるとペースト、3本指でスワイプすると取り消しになります。
これらのジェスチャーはApple製アプリとサードパーティアプリの両方で使用可能です。

iPadOSのホーム画面では、常時表示されるウィジェットや分割画面がサポートされます。
ウィジェットはAndroid 3.9 Honeycomb以降のAndroidタブレットのものと似ていて、分割画面もAndroidでは以前から利用出来ていました。

iPasOSではFilesアプリも改善され、macOSのFinderに似たカラム表示機能が追加されています。
また、SMB共有に対応したほか、USBドライブとSDカードがFilesでサポートされ、直接iPadに接続出来るようになり、サードパーティプログラムや仲介役のMacがなくてもファイルを管理出来るようになりました。

Sidecarと呼ばれる機能により、iPadをmacOSデスクトップのサブディスプレイとして使用出来、両方のディスプレイ間でコンテンツをミラーリングすることも可能です。
更に、iPad上でのApple Pencil入力を有線接続や無線でシームレスに使用出来ます。

iPadOSは、大画面とそれが可能にするマルチフィンガージェスチャー向けに最適化されています。
また、Apple Pencilのサポートも改善されており、レイテンシが20ミリ秒から9ミリ秒に短縮されています。
iPadOSでは、30種類の新しいキーボードショートカットも追加されています。

iPadOSは、12.9インチ、11インチ、10.5インチ、9.7インチのiPad Pro、第5世代と第6世代のiPad、第4世代と第5世代のiPad mini、第2世代と第3世代のiPad Airに提供されます。

Apple WWDC 2019で発表された開発者向けプレビュー版は、登録済みのApple開発者向けに2019年6月3日に提供が開始されました。
iPadOSが一般提供開始となる2019年秋に、対応モデルにシステムアップデートが配信される予定です。

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル鹿児島店
〒892-0842 鹿児島市東千石町8-18 Rストーンビル3F
099-226-2626
11:00~20:00

一覧に戻る

099-226-2626 お電話でご予約の上ご来店下さい。iPhone修理 鹿児島

お問合わせはコチラ iPhone修理 鹿児島

  • iPhoneじゃなくてもOK!下取りキャンペーン iPhone修理 鹿児島
  • 往復送料無料キャンペーン iPhone修理 鹿児島
  • 学割キャンペーン iPhone修理 鹿児島
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone修理 鹿児島
  • 修理内容一覧 iPhone修理 鹿児島
  • 修理価格一覧 iPhone修理 鹿児島
  • スマホスピタルグループサイト
  • ゲームホスピタル

新着iPhone修理ブログ

  • 発売間近のiPhone 11シリーズの特徴は?これまでとの比較 / 液晶漏れを起こしたiPhone 7もスマホスピタル鹿児島店でデータそのまま即日、最短約30分で修理致しますので長い事預ける事もございません!

    [2019.09.16] スマホスピタル鹿児島

    こんにちはスマホスピタル鹿児島店です。AppleからiPhone 11シリーズの発表があり、iPhoneユーザーからはこの手にするのをいまかいまかと待ちわびている方も多い事でしょう。そこでiPhone...

  • プールサイドで落として割れてしまったiPhone 7(A1660、A1778、A1779)をスマホスピタル鹿児島店でデータそのまま、即日修理!気になる水没反応も無く、3ヶ月無料保証が付いてお客様も大満足!

    [2019.09.15] スマホスピタル鹿児島

    iPhone、iPad、スマートフォン修理のスマホスピタル鹿児島店です。夏になるとどうしても増えてくる水没復旧修理。当店にも6月頃から徐々に増えてきて、大雨の中ポケットに入れていたらスマホがびしょぬれ...

  • 腱鞘炎で二度三度落としたiPhone 7(A1660、A1778、A1779)全体的に画面割れ操作がしにくい。スマホスピタル鹿児島店でデータそのまま、即日修理対応します。

    [2019.09.14] スマホスピタル鹿児島

    鹿児島で修理するならスマホスピタル鹿児島店にお任せ下さい。天文館で営業中です、車でご来店の際には提携駐車場セイワパーク天文館をご利用下さい。提携駐車場についての記事はこちらスマホ使い過ぎで手首痛くなっ...

修理速報